今すぐ6万円を借りるためのキャッシング

おすすめ

今から6万円借りる

欲しい物や何かの支払いなどで急に必要になった6万円、給料日前というのもあって今すぐに借りたいときってありますよね。そんな時はキャッシング業者を利用しない手はないです。6万円だと用意するのにはちょっと高いですが返済するのは、すぐにできる金額ですね。

6万円のキャッシング方法について

6万円足りない!という状況をどうにかしようと思ったら、借りる方法はいくつかあります。知人に借りる、金融会社から借りるなどありますが、どこから借りるべきなのか?借りるメリットデメリットは?など悩みどころがたくさんあります。ここで1つずつ見ていきましょう。

6万円を恋人や友人から借りるメリット、デメリット

まずは頼るとなるとやはり恋人や友人と身近な方に聞くことになるでしょう。

その場合のメリットは早く借りることができる可能性があること。その方に会ってお金を借りられますので、手続きなど余計な時間はかかりませんね。

そしてもう1つのメリットは金利がかからないことです。知人であれば、金融のように利子をつけて返して!ということはないでしょう。かかってもお礼に何かごはんをおごったりする程度といったところでしょう。

一方、その最大のデメリットは早く返さなければ信用を失ってしまうことです。いつまでも返さずにいると、信用されなくなり、友達や恋人がいなくなってしまいます。これだけは避けたい事態ですよね。

もう1つデメリットを挙げるのであれば、身近な方にお金を借りた場合、今後相手に何かあったときはこちらも貸さなくてはならないといった借りや義理ができてしまうといった点です。

そのため、相手にお金を貸さなければならない時がきてしまう可能性がありますので、できることなら身近な人に借りはつくりたくないですよね。

6万円を親族から借りるメリット、デメリット

親族というと、身近な両親や兄弟が多いのではないでしょうか。メリットは借りやすいことです。ご家族なので、6万円くらいの金額であれば貸してくれることが多いと思います。そのため、借りることができそうであれば、ご家族に最初に当たってみるのも良いかもしれません。

そして先ほど同様、金利もかからないのでお安く済みますね。デメリットは家族関係によっては借りにくいことです。中にはご家族が遠方だからすぐに借りられない方や、心配や迷惑はかけたくないからと家族には言えない、頼れないといった方もたくさんいます。

そのため家族こそ頼りにくいという方はこの手段が取れません。そしてこちらもやはり信用を失わないよう、早めにお金を返さなければなりません。

6万円を銀行から借りるメリット、デメリット

銀行から借りた場合のメリットとデメリットはなんでしょう。

メリットは、銀行であれば恋人や友人、家族とは違ってあと腐れなく利用できることです。身近な人たちとは違い、金融機関なので(当然ですが)いつでもお金もストックしてありますし、お金を借りやすくていいですね。借りるとなるとポンッと手に入ります。ここはほかの金融機関にも共通していますね。

そしてもう1つのメリットは最低でも1ヶ月は借りていられることです。銀行でのキャッシングは支払いが最低でも1ヶ月先になります。カードの計算日が過ぎてしまっている場合は約2ヶ月先になります。

そのため、返すまでの期間が長いのでその間にお金を用意することができます。現金で受け取りのキャッシングでも、通常のカードで支払った時と同じシステムになります。

さらにもう1つのメリットは金融機関に借りるのであれば銀行のキャッシングは1番金利が低いことです。銀行キャッシングは金利が3.0〜17.8%程度ですが、実際ほとんどの銀行が4.5〜15%以下までにとどまっています。

この数字は信販会社のクレジットよりもお安くなっています。(契約者の信用で金利は異なります。)
金融機関の中で最初にキャッシングに飛びつくなら、銀行をおすすめします。

例・・・りそな銀行で支払いした場合
14.5%で1ヶ月借り入れた場合
返済額→61,378円
利息→1,378円
支払い日→約1か月後のカード支払日に口座引き落とし

このように、金利が安いので借入しても利息があまりつきません。1ヶ月の借入でこの金利は嬉しいですね!ただし、金利は人によりますのでご注意くださいね。

そして、デメリットはあくまで金融機関のため金利がついてしまうことです。知人から借りるよりは高くつくでしょう。

さらにもう1つのデメリットは信用が高い方でないと借りることが難しいことです。銀行取引はそもそもある程度の信用がないと利用ができない仕組みになっています。

そのため、すぐに借りたい!と思っても、「キャッシングありの契約にしているカードでないとすぐに使えない」「学生、専業主婦はNG」「窓口でしか借りられません」などの制限があることも多々あります。

キャッシングの契約をしていない場合は窓口や電話でキャッシングが使えるように申告し、審査後に利用可能となります。しかし、職業や過去の信用取引で判断されますので、通らない方は利用できません。また、審査に時間がかかる恐れもあります。

いつでもキャッシングできる契約になっているかどうかを確認しておかないと、すぐに借りることが困難である可能性もあります。契約には注意しておきましょう。

6万円を消費者金融から借りるメリット、デメリット

メリットは借り入れまでのスピードの速さがほぼ最速です。審査は30分、振込まで1時間で完了する会社もあります。

銀行は既にカードを作っている方であればすぐに借入できますが、まだ銀行のカードを持っていないという場合はキャッシングに時間がかかります。

ところが、消費者金融の場合は多くのところが夜10時くらいまで電話1本またはHPからスマートフォンで借入の利用可能ですし、取引したことがない方でもすぐに借入できるのが最大のメリットです。

そしてもうひとつのメリットは、会社によっては初回限定で借り入れの無利子などのサービスを行っています。まだ利用したことがない方にはとてもおすすめのサービスですよ。

ただし、デメリットは金利が高いことです。消費者金融の金利は最大18%です。どこも4.5〜18%となっていますが、基本的に初めて借り入れをする方は18%と考えておきましょう。そのため、金利を計算するとこのようになります。

例.18.0%で1ヶ月借り入れた場合
返済額→70,800円
利息→10,800円(日割りで360円)
支払い日→返せる時に返済

このように、金利が高くなってしまいます。

ただし、消費者金融の返済方法や利息のつき方には特徴があります。それは、返済はご自身の都合が良い時で、日割り単位になっていることです。この返済日は約定日に引き落としもできますし、サイクルを決めてリボ払いのような方式での返済もできます。しかし、日割り計算されてしまうので、早く返すに越したことはありません。

逆に考えると、翌日返済であれば利息は360円ですので、どの金融機関よりも利息が安く済むので、そういった利用方法もありますよ。

6万円をカードローンで借りた場合の金利はどれぐらいなのか?

カードローンはリボ払いと言われるものになりますので、基本的に一括での返済ができません。そのため、長期返済により月々の返済は楽ですが、利息はキャッシングより高くなります。金利は3.0〜17.8%ですが、ここではカードローンの標準的な金利で計算してみます。

例・・・りそな銀行で支払いした場合
14.5%で借り入れた場合(リボルビング払い・短期コース)
返済額→63,380円
利息→3,380円
支払い日→初回は1ヶ月後のカード支払日に口座引き落とし初回10,000円
その後毎月カード支払日に口座引き落とし→月額10,000円
最終月のみ3,380円
支払い回数→7回

リボ払いは利息がつきやすい返済方法です。毎月の返済は定額でお安く設定できるので楽ですが、元金がいつまでも残り続けてしまいます。短期でも利息が多くついてしいますので、できるだけリボ払いはしない方が良いでしょう。

6万円を迅速に借りるにはどの方法が一番良い?

少しでも早く!ということであればますは身近な方にお願いすることでしょう。しかし、これができないようであれば金融機関の出番です。スピードを重視するのであれば以下の順番です。

1:銀行(手元にキャッシング契約済みのカードがある場合に限り)
2:消費者金融(初回は最短1時間、キャッシュ持ちの方はローン契約機にて即時利用可能)

すでに契約があるようであれば銀行です。しかし、まだキャッシング契約をしていない場合は審査時間がどれほどかかるかわかりません。その場合は最短30分審査の消費者金融の方が迅速さでは有利でしょう。

さらに消費者金融にすでに借り入れをしたことがある方であれば、自動契約機にて手続きを行えばいつでも即時引き出しが可能です。この場合は銀行よりも早い可能性もありますね。

早く現金がほしい場合、もっとも審査が早いキャッシングはどこか?

最も審査が早いキャッシング会社はアコムです。業界でも最速の審査30分に手続き30分、手元に届くまでに1時間というスピードです。ほかの会社も早いのですが、審査は30分であっても入金は時間がかかるという口コミが目立ちます。

ただし、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方はプロミスもスピーディです。プロミスは三井住友銀行のグループ会社のため、入金までが瞬フリの最短10秒という方法があります。平日の9時30分〜14時50分までであれば利用可能なので、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方はオススメですよ!

6万円を借りるのにおすすめのキャッシング

◆プロミス
初回なら30日間無利子での借り入れができます。(※条件はあり)店舗に行く必要もなく、Web登録で利用可能なので、手続きも簡単です。初めてのキャッシングの方は使いやすいのでオススメです。

>>プロミスの公式サイトはこちら

◆アコム
同じく初めての方なら金利0円サービスを行っています。返済期日を「35日ごと」で契約した場合に限りますが、このサービスを利用すれば金利もかからず借り入れができます。
また、アコムは迅速な対応で好評です。HPに3秒診断ものっていますので、借り入れが可能かどうか診断してみるとよいでしょう。

>アコムの公式サイトはこちら

プロミスとアコムがおすすめの理由は

・対応の早さ
・手続きがWebで完了できる
・初めての無利子のサービスを行っている
・審査が甘い
・提携ATMや金融機関が多い

といった内容が初めての方でも利用しやすいと思われるからです。初めての利用はできるだけ大手の安心できる消費者金融を利用しましょう。

6万円を借りるのに多い理由いろいろ

6万円程度はキャッシングとしてはよく利用される金額です。その理由はさまざまです。

「生活費が足りない」
「欲しいモノがあるけどちょっとだけお小遣いが足りない」
「家賃分が足りない」
「今月は引越しの資金がかかったから」
「今月は付き合いや結婚式が多かったから」

このようなちょっとした出来事に該当しやすい金額が6万円程度になります。

さらには10万円ぐらい足りなくなると、さすがにどうしようとなってしまうので、早くに対策が取れます。しかし、不足分が10万円以下の金額だと「それほど大した金額でもないから、今月を乗り切ればなんとかなるような気がする」「それほど利息もないし、まぁいっか!」と感じ、キャッシングに手を出しやすい金額であることも理由の一つです。

しかし、いざ返済となると毎月その金額が足りなくなり、生活が火の車・・・なんてことにならないようにお気をつけくださいね。

総括

6万円という金額は多くの人が足りなくなりやすい金額です。しかし、この程度の金額は審査もおりやすいですし、利息も少ないのでキャッシングしやすい金額だと言えるでしょう。

キャッシングするのであれば利息を考えれば

1:知人(友人・恋人・家族)
2:銀行
3:消費者金融

この順番です。また、リボルビング払いは利息が非常に多いのでおすすめできない返済方法なので注意しましょう。そして、知人は気が引けるという方も多いので、そういった方は後腐れのない金融機関から借入するとよいでしょう。

迅速さで考えればキャッシング契約済みの場合は銀行カードが早くて利息も安いでしょう。ただし、すでに消費者金融に登録済みの方であれば、そちらも非常に速いのでオススメです。プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行であれば瞬フリで最短10秒での振込が可能です。

また、契約していない方でもアコムは30分での審査、振込まで1時間かかりません。消費者金融は迅速で簡単な借入の方法ですね。

最新のエントリー一覧

住居費多さと週末の外食
"給料日の前には、決まって金欠になります。 夫会社員、妻専業主婦、子ども3歳が一...

なぜか多い?月末の出費。
"我が家のお給料日は月末です。 金融機関に勤めていた経験から、世の中の多くの人は...

一人暮らしを始めたとき
"私は20代中盤ぐらいまで実家に住んでいて,仕事もアルバイトをしていて ぬるま湯...