今すぐ6万円を借りるためのキャッシング

おすすめ

今から6万円借りる

欲しい物や何かの支払いなどで急に必要になった6万円、給料日前というのもあって今すぐに借りたいときってありますよね。そんな時はキャッシング業者を利用しない手はないです。6万円だと用意するのにはちょっと高いですが返済するのは、すぐにできる金額ですね。

人生の節目での出費

"大学から大学院に進学するとき、通学場所が変わるため引っ越しをすることになりました。
大学院への入学金及び第1期の授業料、並びに新しい教科書等の書物を
一度にたくさん揃えなければならないなど、ただでさえ多額の出費を伴う上に、
引っ越しの費用も加わり、一気に100万円以上が必要になりました。
すべて貯金で何とかしましたが、一気に貯金額が減り不安でした。
このように、人生の節目には、いつもまとまったお金が必要になります。
新卒採用での就職の際は、遠方への引っ越しというだけでお金が必要になるのに、
その上スーツを何着もそろえる必要があり、これも思わぬ出費でした。
生活環境が変わると、それに伴いさまざまな物の買い替えも必要になってきます。
引っ越し費用と一口に言っても、物件の敷金などの初期費用だけでなく、
新居の窓の大きさにあったカーテンを新たに買わなければならないなど、
引っ越しに付随する出費が数多くあります。
それらは一つ一つの額は大きくなくても合計すると結構大きな金額にいつもなってしまいます。
このような経験を何度もすると、環境を変えることに億劫になってしまい、
ついつい保守的な生き方を選択してしまっているようにも感じます。
そして、自身の環境変化のみならず、周りの人々の環境変化の場合も出費を伴います。
友人たちの結婚が続くと、どんどんご祝儀の出費が増えていきますし、
その後は出産祝いの出費が待っています。
自分であれ周りの誰かであれ、その人生の節目にはお金が動きが生まれるのが
世の常なのでしょうね。

"

度重なる入院での急な出費

"二ヶ月前に、尿管結石になってしまい、急遽入院しました。その時は一泊で済みましたが、個室しか空いていなかったことなどもあり、2万3千円の出費でした。
そして、結石も治ったと思っていた矢先、再発してしまいました。しかも、妊婦ということもあり、結石に苦しんだことが原因で切迫早産の症状も出てしまい、地元の産院から大学病院に搬送されることとなりました。
大学病院では、ハイリスク妊婦ということで、専用のICUに入れられました。ここは、管理料だけで1日21000円の自己負担になります。健康保険の高額医療保証を利用するようにも言われていますが、総額で考えるとかなりの出費です。そして、想定外の出来事でしたので、あまりまとまっておろせるだけの現金も持っていませんでした。出産準備や妊婦検診でも、出費がかさんでいるので、妊娠には本当にお金がかかると、改めて思いました。
産休育休中は、無給の期間もありますし、何かと出費があるものです。そして、切迫早産や帝王切開など、予定外で入院したり、入院が長引いてしまったりということも考えられるため、ある程度余裕を持ってお金を用意しておかなければならはいと感じました。
私も、自分は大丈夫だろうという変な自信があったため、今回のような自転車操業状態になってしまったと反省しました。
人は、いつ何時入院などになるか分かりません。困った時のために、現金を用意しておくことの大切さを学びました。
今後は、まとまったお金を用意しておこうと思います。"

結婚式でまとまったお金が必要になって

"急にお金が必要になった時といえば、親戚の結婚式に呼ばれた時です。
遠くに住んでいる親戚で数年に1度程度しか会わないような間柄でしたが、
それでもよく田舎の果物などを贈ってもらったりしてお世話になっている
おじさんおばさんの娘の結婚でしたから、お祝い金も5万は必要でしたし
そこまでの交通費、家族分の衣装代、そして親戚がたくさん呼ばれていたのでみんなそれぞれがどこかに宿泊しないといけませんでしたから
(親戚の家に泊まるのは不可能)宿泊代までかかってしまったのです。

ですからかなりまとまったお金が必要となってしまいました。
色々かき集めたものの、まだ足りず、あと少なくとも10万円はどこからか用意しないといけないという状況になってしまったんです。

いとこの結婚式、最高に喜ぶべきイベントなのに私達はお金が足りないせいでどうしようと不安と苛立ちで、「こういう時のためにもなんでもっと
やりくりして貯金してこなかったんだよ」などと言われ、
私は私でやりくり一生懸命頑張っていたつもりでしたから言い返して
結局ひどい喧嘩にまで発展と、結婚を祝うムードでは全くなかったです。

もう業者にお金は借りたくないと思っていたのですが、その頑固さのためにどうにもならないお金のために険悪な雰囲気になって家族の団欒を壊していたので、これじゃ意味ない・・と気付いた私は、
キャッシングサービスに助けを借りることを決意したんです。

それからは結婚式までの間一切お金の心配がなくなりましたから、
ただいとこの結婚を素直に喜べる祝える余裕がでて、とてもいい気分で
家族とも過ごせました。もちろん結婚式は感動で幸せな思い出となりました。"

冷蔵庫が壊れると、生活できません!

"今まで一番早急に、まとまったお金が必要になったのは、
冷蔵庫が壊れた時だと思います。
他の電化製品なら、なきゃないで、なんとかなりそうですが、
冷蔵庫はどうしようもありません。
昔は冷蔵庫はなかったのだから本当はなんとかなるんじゃない?思いますが、
現代人にはもう冷蔵庫なしの生活なんて無理ですよね。

うちの冷蔵庫の調子が突然悪くなったのは、とても運が悪く、
真夏の暑い日でした。
真冬なら、冷凍庫の保冷材などを使ったり、野菜などは外に置いておくことで、
しばらくの間はなんとかなりそうです。
まあ、真冬なら、冷蔵庫なしでも生活できちゃいますよね。

でも、真夏は大変、冷凍庫のものはすぐに溶けてしまうし、
野菜も肉も、調味料までもだめになってしまいます。
うちの冷蔵庫は10年ものだったので、だぶん修理するのは無理だなと
わかってました。

とりあえず、冷凍庫のものをなるべくその日の夕食に食べ、
ほぼ冷えなくなった冷蔵庫の中に保冷材つっこみました。

そして、夜、電気屋さんに走りました。
高額な買い物だからゆっくり買いたかったのですが、
あれこれ悩む暇もなく、次の朝すぐに届けてもらえる
展示してあるものを買うことにしました。
少し傷があるのが気になりましたが。

今はカードで買えるので、手元にまとまった現金がなくてもよいのですが、
10万円が突然必要になったのは、痛手でした。
ちゃんと先を見越して、いくらかまとまった使えるお金を用意しておいたほうがいいですね。


"

100万円じゃ足りなかった「いざというときの備え」

"社会人になって働き始めた頃は、毎月の給料だけではやっていけず、カードのボーナス払いでしのいだりとなかなか貯金できるような状態ではありませんでした。
時代はバブル全盛期で学生気分も抜けず毎晩のように遊びあるいていました。
さすがに見かねた心ある上司が、少しはこれからのこと考えて貯金くらいしないとと諭してくれました。上司がいうにはいざというときには100万くらいをすぐに使えるお金として用意しておけというのです。100万円といえばはなかなかすぐに貯められる金額ではないので、財形貯蓄をして給料から天引きしてもらうことにしました。
そんなきっかけがあって、それから30年、どんなときでも100万円は銀行からすぐに引き出せるよう準備してきました。
しかし、実際にはそのお金を使わなければならない状況になることはなく「いざというとき」はやってこないかのように思って毎日を過ごしていましたが、5ケ月前の突然のがん宣告、びっくりしている間もなく手術、放射線治療、抗がん剤治療と、あれよあれよという間に治療費がかかることに。
病気になっても医療費の高額療養費制度があるので心配ないとか、医療保険に入っているから大丈夫とかよく耳にしていましたが、やはり実際がん患者になってみるとお金はどんどんなくなっていきます。特に抗がん剤治療は思いもよらないほど高額です。私の場合は1年間の限定で使用していますが、公的保険適用で3割負担でも3週間ごとに6万円ほどです。手術から抗がん剤治療が終わるまでの1年余りで入院、通院費も含めると、かかる費用は高額医療制度を使ってもざっと200万にもなります。
100万円じゃ足りなかったいざというときの備えです。
病気になると急にお金が必要になるというのは本当のお話です。備えはしっかりしておくとよいと思います。"

住居費多さと週末の外食

"給料日の前には、決まって金欠になります。
夫会社員、妻専業主婦、子ども3歳が一人、都内在住です。
理由ははっきりしています。収入に対し、住居費の割合が決定的に多いので、予算立ての時点で足りないのです。
住居費の割合は収入に対して3割以内、と言われていますが、我が家では4割近いです。
住居費は住宅ローンで、家を購入した当初はもちろん3割以内に収まるように組みましたが、この不景気が続く中で、夫のお給料がどんどん目減りして行き、今に至ります。
また、子どもが去年から私立の幼稚園に入園した事もあり、なおさらです。
とはいえ、今住んでいる所は、行政の子育て支援の多い所で、幼稚園は私立でも公立でも負担額はほとんど差がないので助かっています。
家計の予算を組むと、外食やレジャーに使えるお金は、月に一万円ありません。
ですがどうしても、週末は外食の流れになってしまい、結局お金が足りなくなります。
外食をしないとぎりぎり予算内に収まる予定なので、金欠の原因は外食と言って良いでしょうか。
私も主婦として、家で出来る外食的なメニューを作ったり考えたりしているのですが、どうしても気力がないときは、家の近くのファミレスに流れてしまいます。
一度、一ヶ月外食ゼロを達成してみたいですね。
そして、子どもが小学校に入ったらすぐにパートを始めたいと思います。
ですが、それで外食や増えても意味がないので、それまでに夫や子どもが満足する外食的なメニューのレパートリーを増やし、ダンドリを徹底したいです。"

なぜか多い?月末の出費。

"我が家のお給料日は月末です。
金融機関に勤めていた経験から、世の中の多くの人は25日にお給料をもらっているという事を知りました。
我が家はお給料の支給日が、少しずれている事になります。

その25日でお給料をもらっている人が多いせいか?わからないのですが、25日すぎに集金される物が
とても多いように思います。
例えば新聞はだいたい25日以降から集金にきます。
こういった毎月の決まったお金は想定内なので、○○代金として袋に入れてとってあるから良いのですが、
困るのがイレギュラーな支出です。

ついこの間もお給料日まであと一週間という時に、なぜか?幼稚園や、学校では写真代の集金がありました。
子供の写真と侮るなかれ・・・運動会や、遠足となると、数十枚の写真があり、どれもよく撮れていて、
どれを購入してよいかわからずにやみくもに購入していると、代金が数千円になる事もざらでした。

その他に、なぜか月末近くに行われる幼稚園や小学校の保護者会。
特に幼稚園の頃は、保護者会が終わった流れでランチに行く事が多く、ランチと飲み物を頂くと
これまた数千円飛んでいきます。

予定通りで行けば、あと一週間なんとか食べていけるお金が残っていたのに、そういった月末の集金や
イベントによって金欠状態になります。
あとは数日お金を使わないで、ひたすらお給料日がくるのを待つしかありません。
それも無理な時や、さらに集金やイベントなどで出費がある時は、翌月のお給料から前借という形式を
とる事にしています。(実際には前借はできないので、貯金からお金を引き出して、お給料日後に
戻す形をとります。)

この行為により、翌月もマイナスからのスタートになります。
だから我が家はいつまでたってもお金がたまらないのだと、しみじみ思います。"

一人暮らしを始めたとき

"私は20代中盤ぐらいまで実家に住んでいて,仕事もアルバイトをしていて
ぬるま湯につかったような生活をしていました。平和な日々が続いていました。

しかし,突然「ちゃんとした」仕事に就くことになりました。
慌てて車を購入し,住んだことのない地方の市に家を借り
初めてのことだらけの生活が始まりました。

「家計」の計算など全くしたことがなかったので,まあまあ収入がよかった私は
連日外食をするようになりました。
職場には同じように一人暮らしの人たちがたくさんいたので遊びまくりました。
仕事以外のことに関しては,とっても楽しい日々でした。

一人暮らしとはこんなに自由で楽しいものなんだと思い,何も考えずに
お金を使っていました。

しかし,ある時,給料日前日に財布をみたら250円しか入っていませんでした。
お金をおろしに行こうと思いATMに言ったら38円しか残っていなくてびっくり
通帳にはお金が入っていると思い込んでいたのであせりました。

でもまあ250円もあれば1食ぐらいなんとでもなるので,給料日1週間前とかではなくて
よかったなと思いました。

そんなことがあったので冷静になって考えてみると,将来のために貯金をしないといけないし
もっと家計を考えて生活しなければと思いました。
それからは,給料の行き先を書き出して,無駄をみつけて,自炊をして
節度のある生活を心がけるようになりました。

でも今考えると,遊べるときに遊んでいてよかったかなとも思います。
"

バイクの免許が欲しくて。

"社会人一年目。
約半月の新人研修も終わり、自分の部署へ。
どんな職場で、どんな先輩がいるのか。
どんな仕事をしていくのか期待に胸を膨らませる。

しかし、そこで突き付けれたのは、
約3ヶ月に及ぶ工場研修。
理系に工場研修は付き物ではあるが、
いきなりこのタイミングで来るとは思わなかった。

しかも三勤三休。
昼勤三日、三日休み、夜勤三日、三日休みの繰り返し。
就職してまで夜勤をすることになるとは思いもよらなかった。
休日も土日になるとは限らない。
まだ始まって間もない会社人生活。
もちろん同期で飲むことがまだまだ多い時期。
いきなりそこから外れてしまうことに。
平日に遊べる人等、そう多くない。

この余った時間をどうするか。
考えた末に閃いた。
バイクの免許を取りに行けば良いと。
お金のことなどほとんど気にせず、
教習所へ申込みに行った。

工場実習のスケジュールを見ながら、
教習の時間割を作っていく、
徐々にバイクに乗っている自分の妄想が膨らみ、
ワクワクが止まらない。
学生時代に憧れたバイク。
取りたくてもお金がなく断念していた。
その夢がついに叶うのかと思うとたまらなく嬉しかった。

そして、支払いを済ませる。
自動車の免許も持っていたので、そんなに高額にはならない。
それでも学生上がりには、ギリギリの額。
不安を抱えつつもバイクのためと思えば、迷ってなどいられなかった。

結局、不安は的中。
ネット代と携帯代で、自動引き落とし。
クレジットカードの支払いも重なり、大ピンチ。
息も絶え絶えに給料日を待つ日々。
久々の同期からのお誘いも断る始末。

もう少し、計画的に生きたいものである。"

計画的でも思わぬ出費で金欠に

"私はお金に関しては計画的に使っているので自分自身のお金の使い方で金欠になるようなことはまずありません。しかし、世の中自分だけでコントロールできない支出や出来事がおこってお金がかかってしまうこともあるのでその時はたとえ計画的にしていても思わぬ出費で金欠になってしまうことがあります。

一番ありがちなパターンは冠婚葬祭関連です。特に社会人1年目の新入社員のころから2、3年目のころに冠婚葬祭があると目も当てられません。特にこのぐらいの年代のときに友人や同期の結婚が多く、お祝いを贈らないといけないので金欠になることも多かったと思います。まだ働いて間もないので貯金もままならず生活もやっとぎりぎりの状態ですが、しかし社会人として義務的にこれらのイベントが降りかかってきます。これはもう私の努力ではどうしようもないのでいつも金欠でしたが、なんとか工面してやり過ごしたと思います。

次にあるパターンは長年使っていた家電が突然故障したり、コンタクトレンズをなくしてしまったりなどしてして事故的に急に出費が要るようになってしまって金欠になることがありました。コンタクトレンズの紛失はまだ自分に責任がありますが家電類の故障は丁寧に使っていてもあたりはずれがあるのかすぐに故障するものとそうでないものがあります。私の場合はテレビとの相性が悪く、買っても3年ほどで故障してしまうことが多く急に出費が発生してすぐに金欠です。他の家電は今のところそんなことはありませんがこれは自分でもどうしようもなく金欠を引き起こしてしまいます。"

最新のエントリー一覧

住居費多さと週末の外食
"給料日の前には、決まって金欠になります。 夫会社員、妻専業主婦、子ども3歳が一...

なぜか多い?月末の出費。
"我が家のお給料日は月末です。 金融機関に勤めていた経験から、世の中の多くの人は...

一人暮らしを始めたとき
"私は20代中盤ぐらいまで実家に住んでいて,仕事もアルバイトをしていて ぬるま湯...